• ホーム
  • 生活の一部!インスタグラムのストーリーズ機能とは?

生活の一部!インスタグラムのストーリーズ機能とは?

2019年06月07日
パソコンの画面にあるインスタグラムのロゴ

インスタグラムのストーリーズ機能は、2016年8月にサービスが開始しインスタグラムを利用しているユーザーの7割が活用しているという人気の機能です。今までは若い層を中心に利用されていましたが、現在はたくさんの層が興味を持ち始め気軽に投稿しています。ストーリーズ機能がたくさんの人の生活の一部になっている理由として、メイン画面であるフィードへ投稿するよりも気軽に投稿できるからです。ストーリーズ機能に投稿されたものは、24時間限定で公開されるのですぐに削除される事柄になります。フィードへの投稿のように写真のイメージを統一させる必要がないですし、その時の気分やリアルタイムでの出来事を投稿するのに合っています。限定公開されることが大きなメリットになっていますし、足跡機能が付いているので、どのユーザーが閲覧したかがわかります。情報発信をしたいインスタグラマーにとっては画期的なシステムで、フィードでは発信できないプライベートな部分も投稿することができます。ハイライト機能を使うと、2016年8月に投稿を固定することができ長期間閲覧してもらうことも可能です。配信する人を選ぶことができる、限定公開機能がついていることから見て欲しいユーザーだけを選ぶことができます。

ストーリーズ機能へ投稿すると、インスタグラムで使用しているアイコンの部分に表示されるのでわかりやすいです。投稿されてから24時間限定で削除されると、その通知が青く出てきます。撮影した写真や動画をその場ですぐに投稿できますし、画像加工も即座に行えるのでオリジナリティや自分らしさを出すには合っています。ハイライト機能などがついていますし、スタンプやフレームの加工機能の種類が多いので特に利用している人が多くなります。足跡機能を活用している人もいますし、全画面を使った写真を投稿することができるのでとてもインパクトがあります。文章をそこへ添えることができ、一言添える人から長文で日記のように綴っている人もいます。画面を抑えることでスクロールが停止するので、長文を読む時間も確保されます。普段の生活以外でも何気ない気分や、何かの告知などを加工を使ってメッセージカード感覚で利用することもあります。ストーリーズ機能が気軽な理由として、閲覧しているユーザーが自身でスワイプして画面を切り替えていけるので見たくないときはそのまま飛ばすこともできるからです。フィードに連続で投稿すれば少し重たい雰囲気が出ますが、ストーリーズ機能にすればさらっと見てもらうことができ情報発信の場になります。