• ホーム
  • インスタにおけるハッシュタグの効果とは?効果的なつけ方について

インスタにおけるハッシュタグの効果とは?効果的なつけ方について

2019年12月17日

インスタグラムのハッシュタグは、投稿する時にキャッシュ部分に入力するものです。ハッシュタグ自体はインスタグラムのみで使用するものではなく、他のSNSでも使われている一般的なものですが、現在はハッシュタグといえばインスタグラムというような代名詞になりつつあります。ハッシュタグの効果は、投稿している内容を強調させたり、ユーザーが好きな事柄をよりわかりやすく表現することもあります。個人によって意味合いが異なるので、臨機応変に解釈をしていくようになりますが、ハッシュタグをつけておくことで検索しやすいという大きな効果を得ることができます。共通の趣味を持っている人を探すことができますし、気になる事柄を検索すればヒットしやすくなります。多くの人に見てもらいたかったり、共通の気になる事柄を持っている人と繋がりたい場合は、そのワードをハッシュタグと一緒に付けることで検索しやすい状態にすることができます。時間が経過すると人気ハッシュタグがわかってくるので、意識しながら調べると、フォロワー以外の人でも自分のアカウントを検索しやすいので、たくさんのいいねをもらったり新規のフォロワーが増えることもあります。

人気ハッシュタグのつけ方は写真を投稿する際、30個まで付けることができます。たくさんの人に検索してもらうことが目的であれば、少なくとも10個くらいは付ける方がヒットしやすくなります。30個までギリギリつけてしまうと、検索しやすくなりますが逆に見にくくなるケースもあるので注意が必要です。基本的にインスタグラムは共通の趣味などを持っているユーザーを探し、繋がったりすることが目的なので検索ツールとしてタグが頻繁に使用されています。フォロワー以外に閲覧してもらうためには、プロフィールを公開にしておくと効果的です。多くの人はインスタグラムを利用する時に、検索機能を使って興味のある事柄を調べています。このことからタグをつけることの重要性がわかりますし、購買行動にも影響していることがわかります。中にはアカウントをフォローする以外にも、タグをフォローする人もいるくらい重要な立ち位置です。さらに全角ではなく半角で入力することが特徴で、特にビジネスでのハッシュタグをつけ方は細かく設定しておいた方が効果的とされます。10個以上のハッシュタグをつけることでさらに、ユーザーの検索にヒットしやすくなるのでフォロワー以外にもアプローチすることができます。